So-net無料ブログ作成
          
4.jpg      image9.gif    A.jpg

コメント一覧   RSS一覧
 

沼津の古刹!② [神社仏閣]


syouin.jpg


山号  鵠林山  
名称  松蔭寺 
宗派  白隠派 
本尊   釈迦如来 
開山   天祥西堂
正式名 白隠宗 大本山 鵠林山 松蔭寺


鎌倉時代中期の弘安2年(1279年)、鎌倉円覚寺末寺として無学祖元門弟天祥西堂が創建したとされる。その後廃れたが、江戸時代前期慶安年間に興津宿清見寺大瑞宗育が同寺末寺として中興し、妙心寺派に属した。
松蔭寺が名を広めたのは白隠慧鶴によるところが大きい。原宿長沢家に生まれた岩四郎は、元禄12年(1699年)に松蔭寺単嶺祖伝の下で得度し、慧鶴を名乗った。白隠の父長沢権右衛門は伊豆国江梨村杉山家の出で、中興の祖大瑞宗育はその叔父に当たるという。宝永4年(1707年)富士山宝永大噴火により境内が大破したが、享保2年(1717年)白隠が帰郷して松蔭寺第5代住職に就き、復興が図られた。白隠の名声が高まるにつれ松蔭寺には門弟が集い、数百人に及ぶ大集団を形成した。明和5年(1768年)白隠が当寺で病没すると、門弟の遂翁元盧がこれを継いだ。

大正期には同じく白隠所縁の三島市龍沢寺住職として同寺の再興に努めていた山本玄峰が松蔭寺住職も兼任した。門弟中島玄奘の代に松蔭寺は妙心寺派から独立し、単立として白隠宗と称した



IMG_2531_R.JPG


IMG_2536_R.JPG


IMG_2514_R.JPG


IMG_2515_R.JPG


IMG_2516_R.JPG


IMG_2517_R.JPG


IMG_2511_R.JPG


IMG_2512_R.JPG


IMG_2513_R.JPG


IMG_2526_R.JPG


IMG_2527_R.JPG


IMG_2528_R.JPG


IMG_2529_R.JPG


img_my.gif

富士山世界遺産


today16.jpg


続きを読む


訪問!(87)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感