So-net無料ブログ作成
検索選択
  tuki.jpg   i-hula1.gif   nen.jpg
2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ

夕刻のファンタジー [Photo]

夕方にメダカに餌をやる為にベランダに出た時に揚羽蝶が飛んでおりました、餌をあげてふと見ると胡瓜の花に止まっていたので慌ててカメラを取りに行き写してみました。




k3 005_R.JPG




k3 010_R.JPG




K3 089_R.JPG




k3 030_R.JPG



k3 022_R.JPG




K3 004_R.JPG





k3 023_R.JPG




k3 031_R.JPG




K3 008_R.JPG




k3 028_R.JPG




k3 027_R.JPG



K3 072_R.JPG


続きを読む


訪問!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠州の名刹!③ [神社仏閣]

yusan.jpgyusanji.jpg


尊 名
薬師如来           眼病全快、視力回復、健眼快明、病気平癒
不動明王           家内安全、交通安全、旅行安全、必勝祈願、海上安全
軍善坊大権現     足腰健康
観世音菩薩        厄除開運、厄年祈願
地蔵菩薩           子授け、安産祈願、子供守護
稲荷大明神        商売繁盛、良縁速成、五穀豊穣
弁財天               学力増進、試験合格
十一面観音         癌封じ
古来より今に至るまで油山寺は「目の霊山」として十方信徒の皆様に信仰されてまいりました。
医王山薬王院油山寺(いおうざんやくおういんゆさんじ)と称し、今から約千三百年前(大宝元年)に行基大士が万民和楽、無病息災を祈念し本尊薬師如来を奉安、開山された真言宗の古刹であります。
昔、この山から油が出ていたので通称「あぶらやま」と呼ばれ、十方信徒に尊信されてきました。
行基大士御開山の後、天平勝宝元年に時の帝孝謙天皇が御眼病のみぎり当油山寺に御眼病平癒の祈願が下され本尊薬師如来に祈願、るりの滝水を加持し、天皇はこの霊水で御眼を洗浄なされ、ひとえに薬師如来を尊信し玉うところ霊験あらたかに眼病が御全快し、当山を勅願寺に定められました。
以来千年の今日まで諸病全快、特に目の守護、眼病平癒のお寺として、又、精神的には「心身安楽」心の病を癒し心眼を開く仏様として深く信仰されております。
又、当山の守護神である軍善坊大権現は、足腰の病に霊験あらたかであるところから油山寺は目の仏様、足の神様として日々全国から信者のご祈祷、参拝が後を絶えません。
行基御作の薬師如来像は秘仏として本堂内陣の厨子に千古そのままに安置され、軍善坊大権現はその左側にお祀りされております。
爾来、歴代天皇はもとより諸大名の帰依はふかく、なかでも源頼朝公、今川義元公は堂塔を建立されましたが戦国の兵乱、廃仏毀釈などを経て今日に至りました。
一山境内五十町歩は千古の霊地、山川の美に恵まれ、峰の松風、谷川のせせらぎ翠岩より落ちる滝の響きは孝謙帝の御世をあらためずご本尊薬師如来をはじめ山内諸天善神の御霊験、法灯はますます輝きを増し東海の古刹、心の静養安らぎの寺として、又、遠州三山のひとつとして古の風情を今に残しております。
5d 181_R.JPG
5d 182_R.JPG
5d 183_R.JPG
5d 184_R.JPG
5d 185_R.JPG
5d 186_R.JPG
5d 187_R.JPG
5d 188_R.JPG
5d 189_R.JPG
5d 190_R.JPG
5d 202_R.JPG

続きを読む


訪問!(85)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠州の名刹!➁ [神社仏閣]

yusan.jpgyusanji.jpg


尊 名
薬師如来           眼病全快、視力回復、健眼快明、病気平癒
不動明王           家内安全、交通安全、旅行安全、必勝祈願、海上安全
軍善坊大権現     足腰健康
観世音菩薩        厄除開運、厄年祈願
地蔵菩薩           子授け、安産祈願、子供守護
稲荷大明神        商売繁盛、良縁速成、五穀豊穣
弁財天               学力増進、試験合格
十一面観音         癌封じ
古来より今に至るまで油山寺は「目の霊山」として十方信徒の皆様に信仰されてまいりました。
医王山薬王院油山寺(いおうざんやくおういんゆさんじ)と称し、今から約千三百年前(大宝元年)に行基大士が万民和楽、無病息災を祈念し本尊薬師如来を奉安、開山された真言宗の古刹であります。
昔、この山から油が出ていたので通称「あぶらやま」と呼ばれ、十方信徒に尊信されてきました。
行基大士御開山の後、天平勝宝元年に時の帝孝謙天皇が御眼病のみぎり当油山寺に御眼病平癒の祈願が下され本尊薬師如来に祈願、るりの滝水を加持し、天皇はこの霊水で御眼を洗浄なされ、ひとえに薬師如来を尊信し玉うところ霊験あらたかに眼病が御全快し、当山を勅願寺に定められました。
以来千年の今日まで諸病全快、特に目の守護、眼病平癒のお寺として、又、精神的には「心身安楽」心の病を癒し心眼を開く仏様として深く信仰されております。
又、当山の守護神である軍善坊大権現は、足腰の病に霊験あらたかであるところから油山寺は目の仏様、足の神様として日々全国から信者のご祈祷、参拝が後を絶えません。
行基御作の薬師如来像は秘仏として本堂内陣の厨子に千古そのままに安置され、軍善坊大権現はその左側にお祀りされております。
爾来、歴代天皇はもとより諸大名の帰依はふかく、なかでも源頼朝公、今川義元公は堂塔を建立されましたが戦国の兵乱、廃仏毀釈などを経て今日に至りました。
一山境内五十町歩は千古の霊地、山川の美に恵まれ、峰の松風、谷川のせせらぎ翠岩より落ちる滝の響きは孝謙帝の御世をあらためずご本尊薬師如来をはじめ山内諸天善神の御霊験、法灯はますます輝きを増し東海の古刹、心の静養安らぎの寺として、又、遠州三山のひとつとして古の風情を今に残しております。
5d 171_R.JPG
これより本山奥の院へ歩きます。
5d 173_R.JPG
このような階段をいくつも登りながら本山へ向かいます。
5d 207_R.JPG
5d 178_R.JPG
途中にはこんなお堂が有りました。
5d 170_R.JPG
5d 169_R.JPG
5d 168_R.JPG
5d 200_R.JPG
5d 172_R.JPG
5d 175_R.JPG
5d 174_R.JPG
5d 206_R.JPG
5d 176_R.JPG
5d 177_R.JPG
5d 198_R.JPG
5d 197_R.JPG
三重塔
この三重塔は建久元年(1190年)源頼朝公が眼病全快のお礼に建立されたものであり、その後、遠江国守護職工藤祐経が薬師堂と共に普請奉行をされた由緒深い塔であります。
 木割豪壮にして層輪は強大、屋根の反り、枡組は美しく、桃山期の姿を今に伝え、桃山の三名塔の一つに数えられております。
 内陣には、弘法大師作と伝えられる大日如来を安置し、塔の高さはおよそ23メートル、上層は唐様と天竺様を用い、中下層は和様式、三手先組一式、上層は2.3メートル四方、中層は2.8メートル四方、下層は3.6メートル四方であります。
 昭和42年、頼朝公が建立されて以来初の全解体修理に着手、同44年に復元竣工した静岡県最古の塔であります。 
5d 196_R.JPG
5d 180_R.JPG
5d 179_R.JPG
続 く
 

続きを読む


訪問!(67)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠州の名刹! [神社仏閣]

yusan.jpgyusanji.jpg


尊 名
薬師如来           眼病全快、視力回復、健眼快明、病気平癒
不動明王           家内安全、交通安全、旅行安全、必勝祈願、海上安全
軍善坊大権現     足腰健康
観世音菩薩        厄除開運、厄年祈願
地蔵菩薩           子授け、安産祈願、子供守護
稲荷大明神        商売繁盛、良縁速成、五穀豊穣
弁財天               学力増進、試験合格
十一面観音         癌封じ


古来より今に至るまで油山寺は「目の霊山」として十方信徒の皆様に信仰されてまいりました。


医王山薬王院油山寺(いおうざんやくおういんゆさんじ)と称し、今から約千三百年前(大宝元年)に行基大士が万民和楽、無病息災を祈念し本尊薬師如来を奉安、開山された真言宗の古刹であります。

昔、この山から油が出ていたので通称「あぶらやま」と呼ばれ、十方信徒に尊信されてきました。
行基大士御開山の後、天平勝宝元年に時の帝孝謙天皇が御眼病のみぎり当油山寺に御眼病平癒の祈願が下され本尊薬師如来に祈願、るりの滝水を加持し、天皇はこの霊水で御眼を洗浄なされ、ひとえに薬師如来を尊信し玉うところ霊験あらたかに眼病が御全快し、当山を勅願寺に定められました。
以来千年の今日まで諸病全快、特に目の守護、眼病平癒のお寺として、又、精神的には「心身安楽」心の病を癒し心眼を開く仏様として深く信仰されております。
又、当山の守護神である軍善坊大権現は、足腰の病に霊験あらたかであるところから油山寺は目の仏様、足の神様として日々全国から信者のご祈祷、参拝が後を絶えません。
行基御作の薬師如来像は秘仏として本堂内陣の厨子に千古そのままに安置され、軍善坊大権現はその左側にお祀りされております。
爾来、歴代天皇はもとより諸大名の帰依はふかく、なかでも源頼朝公、今川義元公は堂塔を建立されましたが戦国の兵乱、廃仏毀釈などを経て今日に至りました。
一山境内五十町歩は千古の霊地、山川の美に恵まれ、峰の松風、谷川のせせらぎ翠岩より落ちる滝の響きは孝謙帝の御世をあらためずご本尊薬師如来をはじめ山内諸天善神の御霊験、法灯はますます輝きを増し東海の古刹、心の静養安らぎの寺として、又、遠州三山のひとつとして古の風情を今に残しております。

5d 144_R.JPG



5d 145_R.JPG


5d 154_R.JPG


5d 155_R.JPG


山門
山門は元掛川城大手門で万冶2年(1659年)井伊直好公が建立したものであります。歴代の掛川城主の信仰は厚く、明治6年御維新の際、城主太田備中守が眼病全快のお礼として当山に寄進、移築されたものであります。
  城郭造、重櫓層門、本瓦葺、桁行9.3メートル、梁間4.6メートル、2階25畳、漆喰白壁、窓、柱0.6メートル、角総欅材、正面大扉は楠の一枚板を用いております。
  なお、大棟両側を飾る鯱一対も江戸初期の名作であるといわれ城郭建築上貴重な建物で二層片潜付城門は全国的にもめずらしく静岡県唯一の城郭文化財であります。


5d 150_R.JPG


5d 149_R.JPG


5d 153_R.JPG


5d 152_R.JPG


5d 164_R.JPG


5d 156_R.JPG



5d 165_R.JPG


5d 166_R.JPG

続きを読む


訪問!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

月替わり! [Photo]

今年の7月は暑い日が続き雨による災害が各地でありましたね、特に九州では地震の被害が片付いていない所へもって今度は水害ですからね、本当に被害をお受けになられた方々にはなんとも言葉が出ないですが少しばかりと送らせて頂きました。


5D 033_R.JPG





5D 029_R.JPG




5D 003_R.JPG



5D 016_R.JPG




5D 024_R.JPG




5D 018_R.JPG


これは我が家のもみじなんですが剪定をしてすっきりさせたんですが今度は赤い新芽が吹き出してなんとなく綺麗なので写してみました。

 

続きを読む


訪問!(76)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ