So-net無料ブログ作成
検索選択
tu.png ill_lotus09.gif getu.png

富士の名刹02 [神社仏閣]

daicyouzan.jpg
名称 大頂寺だいちょうじ [山院号:浄法山正定院]
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建 永禄元年(1558)8月
開山 定誉助諦上人
本寺 京都知恩院
寺紋 三つ葉葵 月影杏葉
鎮守 稲荷
浄土宗寺院。正しくは「浄法山正定院大頂寺」と号する。同じく浄土宗に属する平等寺、宗心寺と並びたち、浄土信仰があまり盛んでない富士地域において、稀有な景観を呈している。
南に開かれた門柱から境内に入ると、目の前に虚空蔵菩薩をまつる小堂が建ち、西側に丸柱が美しい八脚門の山門が建っている。山門からは丈の低い松が並木を作り、その外に多彩な植栽が広がる。よく手入れされた、緑さわやかな前庭だ。奥の本堂は江戸中期の建立。枯淡な寄棟造りで、瓦屋根の反りが美しく、どこか女性的な柔らかさを感じさせる。
この寺は戦国末期の永禄元年(1558)8月に開かれたと伝えられる。当時は伝馬町にあったが、江戸初期の寛永年間(1624~44)に当地へ移った。移転の理由は判然としない。慶安2年(1649)8月、幕府から朱印領7石1斗1升が認められている。
ちなみに隣接している平等寺は、大頂寺開創の3年後に神田町で開かれ、のち現在地へ移転した。その隣の宗心寺は、やや遅れて17世紀の開創。元和4年(1618)大頂寺の住職を退いた信誉が富士山で修行し、寛永3年(1626)11月に開いたと伝えられ、当初は大頂寺の末寺だった。
大頂寺は享保年間(1716~35)の火災で堂宇・文書を失ったが、6世の代に再興された。以降、文政2年(1819)に宝庫新造、安政2年(1855)に本堂修復、明治35年に本堂屋根を瓦葺きへ改め、向拝増築。大正2年には鐘楼を建立した。
地誌類に目を移すと、明治中期の『皇國地誌』に「東西26間 南北57間 面積1,274坪 街並東寄にあり」、昭和初期の『大宮町誌』に「本堂10間に9間 庫裏4間半に12間 境内1,453坪 境内堂宇虚空蔵菩薩、不動明王」とある。
虚空蔵堂は享保17年(1733)建立。虚空蔵菩薩のほか、大日如来がまつられている。大日如来は富士山頂にあったものの、明治期の廃仏毀釈で取り除かれ、管理していた村山浅間神社から中屋へ譲られ、さらにここへ納められたという。
019_R.JPG
020_R.JPG
021_R.JPG
023_R.JPG
022_R.JPG
038_R.JPG
018_R.JPG

続きを読む


訪問!(99)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感