So-net無料ブログ作成
検索選択
  nenn.png   yamanokawaaki-ani02.gif   tuki.png

富士の古刹 [神社仏閣]

ennsyouji.jpgennsyouji01.jpg
名称 圓照寺(えんしょうじ) [山院号:佛立山元興院] 
所在 静岡県富士市江尾18 
宗派 浄土宗 本尊 阿弥陀如来三尊像 
創建 不詳 開基 誓運社願誉存香和尚 
開山 誓運社願誉存香和尚 本寺 京都知恩院 
寺紋 月影杏葉 備考 8月26日:岩船地蔵尊大祭
開創は慶長15年(1610)とも寛永10年(1633)ともいわれる。『郷土誌須津』によれば、古い墓地から寛永7年と刻まれた石碑が発見されたというから、どちらかといえば慶長15年説が有力か。
また過去帳に、飯綱神社神官・大森氏の先祖(当山派修験)の戒名が記されていることから、古くは当山派修験と関わりを持った真言系の寺だったと推測されている。
江戸期の地誌を引くと、2石9斗7升2合の除地を有していた。『駿河国新風土記』によれば、境内は東西18間、南北22間の規模で、7間四間の本堂、四間七間の庫裏があった。本尊は弥陀座像3尺、ほかに観音立像2尺7寸、脇士の観音、勢至各2尺3寸立像が載る。
下って明治17年の『皇國地誌』は、東西22間3尺、南北25間、面積1反4畝1歩と記している。
富士市の東部、増川と江尾の境にある浄土宗寺院。黒仏や岩船地蔵など、所蔵する仏像が地元で知られている。寺は江戸前期に開かれたと伝えられ、当初は現在地よりも北にあったが、江尾江川の氾濫で被災、移転したという。
江尾江川に沿って密集した住宅地の隘路を北へ歩くと、ほどなく武骨な東名高速道路が横一文字。その高架下を抜けると山門だ。周りに緑多く、高速道路さえなければ景観も雰囲気も申し分ないだけに、実にもったいない。
102_R.JPG
103_R.JPG
126_R.JPG
127_R.JPG
125_R.JPG
124_R.JPG
123_R.JPG
118_R.JPG

続きを読む


訪問!(104)  コメント(0)