So-net無料ブログ作成
          
    111.png      image2.jpg       11.png 
コメント一覧  RSS一覧

富士の名刹 [神社仏閣]

byoudouji.jpg
名 称 平等寺[びょうどうじ] (山号:後富山)
宗 派 浄土宗
創 建 永禄4年(1561)9月
本 尊 阿弥陀如来
本 寺 京都知恩院
開 山 了公大徳
 
備 考
山門(市指定文化財) イチョウ(市保存樹)
寺伝によると、開創は永禄4年(1561)9月。神田町に弘法大師作の薬師如来を安置した御堂があり、そこへ通夜した僧了公が霊夢を感得、1宇を建立して「後富山願徳寺」と号した。天正年間(1573~91)伝馬町へ移るとともに平等寺へ改め、のちに現在地へ移転。慶安2年(1649)には徳川家光より朱印領3石2斗を受けた。
宝永4年(1707)10月、大地震で堂宇が倒壊するものの、中興・12世南理の代に復興。明治5年の学制公布をうけ、同7年には大宮町初の小学校「岳麓洞(がくろくどう)」が、当寺を仮校舎として発足した。
◆本尊は阿弥陀如来。恵心僧郡作と伝わり、長桂院屋誉の寄附とされる
◆境内の太子堂は、聖徳太子200年遠忌法会を機に、職人組合が建立
◆駿河国地蔵尊霊場第34番札所。詠歌「頼もしや たかきいやしき 隔てなく 寺の地ぞふの 御手をいただく
◆富士横道観音霊場第11番札所の来迎寺は末寺。現在は吸収合併。詠歌「山人の 斧の響きと 迎え来る 雲路に澄める 糸竹の声」。
045_R.JPG
040_R.JPG
043_R.JPG
066_R.JPG
065_R.JPG
064_R.JPG
041_R.JPG

続きを読む


訪問!(101)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感