So-net無料ブログ作成
          
    111.png      image2.jpg       11.png 
コメント一覧  RSS一覧

岩本山の古刹! [神社仏閣]

eigennji.jpg
名称 永源寺(えいげんじ) 山号:曹洞山(そうとうさん) 宗派 曹洞宗 本尊 釈迦牟尼仏
創建 伝:大同2年or弘仁4年 開基 弘法大師
開山 寿天宗聖大和尚 本寺 青見先照寺 寺紋 五七桐 三巴(屋根瓦)
末寺 3 9世紀初頭(大同2年あるいは弘仁4年)、空海が諸国巡歴の途次に開いた真言道場「白金山永見寺」が起源、と伝えられる。この寺は中古頽廃したといい、その跡地に16世紀初頭(永正8年あるいは大永6年)、青見先照寺5世寿天宗聖が伽藍を再建。曹洞宗へ転じ、山寺号を曹洞山永源寺と改めた。 『廣國山先照寺縁起』を引くと、寿天宗聖は先照寺に26年住したのち、永源寺に19年住山し、天文13年(1544)に80歳で示寂した。永源寺のほか、鳳林寺(富士宮市/廃寺)を開山している。門前に鎮座している八面神社は寿天宗聖の代、大破していたところを山門鎮護および村・近郷の氏神として再建した古社である。 改宗以降、今川氏真や豊臣秀吉、江戸幕府などの保護を受けながら法灯を継承し、岩本や富士川対岸の木島などに教線を広げた。天正18年(1590)、豊臣秀吉より朱印地7石1斗や寺中諸役免除を与えられ、寛永18年(1641)6月28日、徳川家光がこれを安堵。明治維新まで引き継がれた。 江戸期は色衣着用を許された小本山格で、末寺は8寺。うち3寺は文化年間(1804~17)、2寺は明治6年に廃されたが、いまも木島円通寺、松岡永光寺、木島松雲寺が存続している。円通寺は4世富岩了銀が天正年間(1573~92)に、永光寺は7世才州伝芸が寛文元年(1661)に開山。松雲寺は11世霊明韻英が法地開山
081_R.JPG
082_R.JPG
080_R.JPG
092_R.JPG
093_R.JPG
097_R.JPG
085_R.JPG
086_R.JPG
087_R.JPG
089_R.JPG
090_R.JPG
091_R.JPG

続きを読む


訪問!(125)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感