So-net無料ブログ作成
検索選択
tu.png ill_lotus09.gif getu.png

今川家ゆかりの寺 [神社仏閣]

rinnzai.jpg

宗派:臨済宗妙心寺派
本尊:阿弥陀如来

大龍山臨済寺
創建は享禄年間(1528~1531年)、今川氏親が出家した栴岳承芳(今川義元)の為に生母北川殿(今川義忠の正室)の別邸跡に一宇を設けてたのが始まりとされます。当初は善得院と称していましたが天文5年(1536)に起こった家督争い(花倉の乱)で勝利した今川義元が先代で兄である今川氏輝の菩提を弔う為、太原崇孚雪斎(大休宗休の法弟)を招いて中興開山し氏輝の法名「臨済寺殿用山玄公」に因み寺号を臨済寺に改めています(開山は大休宗休:京都妙心寺霊雲院の僧)。臨済寺は領主の菩提寺、天皇の勅願寺として寺運が隆盛し、天文23年(1554)には「歴代序略」を発刊し領内の臨済宗興隆にも大きな影響を与え当地方の臨済宗の中心的な寺院として発展しました。又、雪斎は豊富な知識を有していた事から今川義元の軍師として軍事や外交、政治などの相談、助言などを行い、徳川家康(当時の竹千代)が今川家人質時代には家康が教えを請い本堂には雪斎から学んでいた「お手習いの間」が残されています。永禄11年(1568)、武田信玄の駿河侵攻より堂宇が焼失、さらに庇護者だった今川家の没落を招き、さらに、天正10年(1582)、徳川家康の駿河侵攻によりさらなる被害を招きました。正親町天皇は名刹だった臨済寺の荒廃を憂い新たに領主となった徳川家康に勅願し、それを受けて家康が境内の再建に尽力しています。江戸時代に入ると家康縁の寺院だった事から幕府が庇護し寺領100石が安堵されています。

181_R.JPG

 140_R.JPG

178_R.JPG

179_R.JPG

180_R.JPG

続きを読む


訪問!(102)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感