So-net無料ブログ作成
          
    nen.pngpics1663.pngne01.png 
コメント一覧  RSS一覧

大雄山のパワースポット⑥ [神社仏閣]

大雄山最乗寺は、曹洞宗に属し全国に4千余りの門流をもつ寺である。
 御本尊は釈迦牟尼仏しゃかむにぶつ、脇侍仏わきじぶつとして文殊、普賢の両菩薩を奉安し、日夜国土安穏こくどあんのん万民富楽を祈ると共に、真人打出の修行専門道場である。


大雄山.jpg大雄山1.jpg



開創の由来

開山了庵慧明禅師りょうあんえみょうぜんじは、相模国大住郡糟谷さがみのくにおおすみごおりかすやの庄(現在伊勢原市)に生まれ、藤原姓である。
 長じて地頭の職に在ったが、戦国乱世の虚しさを感じ、鎌倉不聞禅師ふもんぜんじに就いて出家、能登總持寺そうじじの峨山禅師がさんぜんじに参じ更に丹波(兵庫県三田市)永沢寺通幻禅師ようたくじつうげんぜんじの大法を相続した。
その後永沢寺、近江總寧寺おおみそうねいじ、越前龍泉寺えちぜんりゅうせんじ、能登妙高庵寺のとみょうこうあんじ、通幻禅師の後席すべてをうけて住持し、大本山總持寺に輪住する。
50才半ばにして相模国に帰り、曽我の里に竺?庵ちくどあんを結んだ。そのある日、1羽の大鷲が禅師の袈裟をつかんで足柄の山中に飛び大松(袈裟掛けの松)の枝に掛ける奇瑞を現じた。その啓示によってこの山中に大寺を建立、大雄山最乗寺と号した。應永元年(1394年)3月10日のことである
001_R.JPG
結界門
結界門より道了大薩の浄域とされる。その手前に御供橋・圓通橋があり、中央に御供橋、両脇に圓通橋が並行している。御供橋は白装束を身にまとった修行僧が道了様へのお供えをする時に使用する為の橋で、普段は通行する事ができないようになっている
kekaimonn.jpg
121_R.JPG
122_R.JPG
117_R.JPG
120_R.JPG
118_R.JPG
119_R.JPG
123_R.JPG
124_R.JPG
126_R.JPG
 

不動堂【ふどうどう】
本尊清瀧不動尊ほんぞんきよたきふどうそん、両脇に天祐不動明王てんゆうふどうみょうおう・愛染明王あいぜんみょうおうを祀る。関東三十六不動の第二番の札所。圓通橋から不動堂を望むと明神ヶ岳山麓から湧水を引いた「洗心之滝」を仰ぐことが出来る



fudoudo_R.jpg


131_R.JPG


132_R.JPG


fudoumyo_R.jpg



奥の院への階段


okunoin.jpg




144_R.JPG



奥の院(慈雲閣)【おくのいん(じうんかく)】

鬱蒼とした老杉に囲れた350段余りの階段を登ると、御本地十一面観世音菩薩(当山守護道了大薩の御本地)が奉安されている奥の院につく。大雄山のもっとも高い所に位置するが沢山の参詣者がこの階段を登られてお参りに来る。


saijyou.jpg


142_R.JPG


御真殿【ごしんでん】への階段


141_R.JPG



御真殿【ごしんでん】
結界門をくぐり右手の77段の石段を登ると、御真殿(妙覚宝殿みょうがくほうでん)につく。当山守護妙覚道了大薩をご本尊に大天狗・小天狗が両脇侍として祀られている。朝晩の祈祷から日中の特別祈祷が、修行される道場


daiyuzan059_R.jpg


128_R.JPG


129_R.JPG


135_R.JPG


下山はこの階段で降ります。


長きに渡りお付き合いありがとうございました。

皆様にもご利益がありますように・・・



img_my.gif

富士山世界遺産
today51.jpg




10月13日の誕生花「アカンサス」花言葉は「芸術」


_akansasu.jpg


 今日は何の日  

○引越しの日
引越専門協同組合連合会関東ブロック会が1989(平成元)年に制定。
1868(明治元)年、明治天皇が京都御所から江戸城(現在の皇居)に入城されました。 

○サツマイモの日
埼玉県川越市の市民グループ・川越いも友の会が制定。
10月はさつまいもの旬であり、江戸から川越までの距離が約13里なので、さつまいもが「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたことから。 


 歴史・出来事   
1946年 フランスで国民投票により第四共和国憲法が成立 
1957年 三原山が噴火。死傷者55人 
1962年 世界バレーボール選手権大会で日紡貝塚チームが完全優勝 
1976年 最高裁が、財田川事件で死刑判決を受けた谷口繁義の再審請求を認め、審議を高松地裁に差戻し。1984年に無罪判決 
1981年 潜水調査船「しんかい2000」が熊野灘で日本最深記録2008mを記録 
1989年 ニューヨーク株式市場で1987年のブラックマンデーに次ぐ暴落 
1994年 大江健三郎のノーベル文学賞受賞が決定。日本人では8人目 


CANON 5DMarkⅡ
SIGMA 24-70mm F2.8IF EX DG HSM(CANON)
aisatu.jpg


訪問!(110)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

訪問! 110

コメント 0

何時もコメントを書いて頂きありがとうございます、皆さんのコメントを楽しみに読んでおります。

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※コメントは表示されません。