So-net無料ブログ作成
検索選択
  nenn.png   yamanokawaaki-ani02.gif   tuki.png

鎌倉巡り [神社仏閣]

kou03.jpgkou02.jpg

kou01.jpg

名称 「浄土宗」
宗祖 法然房源空上人
開祖 承安五年 (鎌倉時代 西暦1175年)
本尊 阿弥陀如来

この寺は、天照山蓮華院光明寺といい、浄土宗の大本山です。創立は鎌倉時代の寛元元年で西暦
1243年といわれています。寺を開かれたのは浄土宗三祖然阿良忠上人です。
宗祖は法然上人で、二祖は久留米の善導寺を開かれたお弟子の聖光上人という方です。良忠上人は石見国(島根県)に生まれ、深い学問を達成された後、三十八歳で聖光上人のお弟子となり、法然上人の教えを受け継がれて浄土宗の三祖になられました。また良忠上人は、浄土宗に関する多くの書物をのこされ、弘安十年(1287)七月六日、八十九歳の高齢をもって入寂されました。
その後、生前の功績が認められ伏見天皇より「記主禅師」の謚号を賜りました。
山門に「天照山」という大額が掲げられています。この額は旧門に永享八年(1436)後花園天皇より下賜されたご宸筆であります。今の山門は弘化四年の再築のものです。

IMGP0672_R.JPG

IMGP0642_R.JPGIMGP0643_R.JPGR0012073_R.JPG

見事な庭園が設えてありました。R0012060_R.JPGIMGP0645 (2)_R.JPGIMGP0650_R.JPGIMGP0654_R.JPGIMGP0655_R.JPGIMGP0662 (2)_R.JPGIMGP0652 (2)_R.JPGIMGP0653_R.JPGIMGP0657_R.JPGIMGP0651_R.JPGR0012061_R.JPG

光明寺の横に同じ宗派のこじんまりした寺が有りましたので覗いてみました。

浄土宗 千手院

光明寺の山門の左手にある千手院は、光明寺の支院。専修院と呼ばれていた時期もあった。
開山・創建年は不明。
本尊は千手観音で鎌倉観音巡礼第20番札所。

千手院は、光明寺の僧坊だったと伝えられ、各地からの学僧の修行道場として栄えた。
江戸時代中頃になると学僧が減少し、住職が子どもたちに読み・書き・そろばんを教える寺子屋となり、明治時代には桑楊学校と呼ばれていた(芭蕉の句が刻まれた寺子屋の記念碑がある)

R0012077_R.JPGR0012078_R.JPGR0012081_R.JPGR0012080_R.JPGR0012082_R.JPG

10月9日の誕生花は「コスモス」花言葉は「少女の純潔」

IMGP2685_R.JPG

nan.jpg 

〇救急の日
厚生省(現在の厚生労働省)が1982(昭和57)年に制定。
「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せ。
救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。 
〇世界占いの日
日本占術協会が1999(平成11)年に制定。
この日が「重陽の節句」であること、ノストラダムスの終末の予言の日は1999年9月9日とされていること、この日の数字を全部合計すると46で、46の2つの数を足せば10になり完成を物語る数であること、明治4年9月9日に時間の数え方を西洋式に改めたこと、この日が「救急の日」で占いは運命の救急であるとのことから。 
〇吹き戻しの日
兵庫県東浦町の日本吹き戻し保存協会が制定。
子供の玩具である吹き戻しをPRする日。
imagesY7VCTO5J.jpg 

歴史・出来事
1942年 日本海軍のイ25号潜水艦搭載機がオレゴン州山間部を空襲し山火事をおこす。29日にも再度空襲。アメリカ本土空襲はこの2件のみ 
1945年 NHKが戦後初めて歌謡曲・軽音楽を放送 
1967年 消費者米価値上げ反対国民総決起大会開催。2万人が参加 
1975年 宇宙開発事業団が技術試験衛星「きく」を打上げ 
1982年 アラブ首脳会議でイスラエルの生存権を認める「フェズ憲章」を採択 
1987年 マイケル・ジャクソンが来日。12日にコンサート 
1993年 パレスチナ解放機構(PLO)のアラファト議長がイスラエルを承認する書簡に署名。翌日イスラエルのラビン首相が署名し初の相互承認が実現 
2007年 デンマークの空港でスカンジナビア航空1209便が胴体着陸
2009年 JR東日本E233系電車が常磐緩行線で運行を開始

PENTAX K-3 Prestige Edition
SIGMA 24-70mm(36-105) F2.8IF EX DG HSM

今週もご訪問頂きましてありがとうございます。
皆様も楽しい週末をお過ごしください。


訪問!(123)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

訪問! 123

コメント 0

何時もコメントを書いて頂きありがとうございます、皆さんのコメントを楽しみに読んでおります。

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※コメントは表示されません。